すっぽん小町 効果・口コミ・レビュー

すっぽん小町 効果・口コミ・レビュー

美肌に欠かせないコラーゲンとヒアルロン酸の違いとは?

美肌に欠かせないコラーゲンとヒアルロン酸の違いとは?

お肌のための成分としてよく目にする、ヒアルロン酸。化粧品、サプリメントに、美肌に効果のある成分として含まれており、時にはコラーゲンと共に配合されていることもあります。

 

コラーゲンとヒアルロン酸の違い、ご存知ですか?「どちらもお肌にいいもの」という認識はあってもそれぞれの働きについてはっきりと覚えている人は少ないかもしれません。

 

実はコラーゲンとヒアルロン酸は似ているもののようで、その働きは実は全く違うのです。こちらの記事ではヒアルロン酸について、またコラーゲンとヒアルロン酸と違いをみていきましょう。

 

ヒアルロン酸は私たちの体の維持に欠かせない成分!

ヒアルロン酸はN-アセチルグルコサミンとグロクロン酸で構成されている非常に高分子物質で、非常に多くの水分を保持することができるという特徴があります。ヒアルロン酸1gでなんと6リットルもの水分を吸収できるのです。ヒアルロン酸は体中に存在しており、この高い保水力を生かしてわたし達の体に潤いをもたらしてくれるのです。

 

ヒアルロン酸の体内での働きとは?

ヒアルロン酸は特にわたし達の目、肌、関節に多く含まれています。スムーズにその機能を果たすよう助けてくれています。

わたし達の目は外気にさらされていますので乾燥しやすいのですが、ヒアルロン酸が目の表面に水分を保つ働きをしています。また目の硝子体は99%が水分で、ヒアルロン酸はその水分を保っているのです。そのため硝子体は丸いボールのような球体になっているのです。

肌の真皮層にはヒアルロン酸がたくさん存在しており、その高い吸収力で肌の潤いを保つ働きをしています。
関節
関節のクッションの働きをする軟骨にヒアルロン酸は含まれており、関節のスムーズな動きを助けています。

 

ヒアルロン酸は徐々に減少してしまう!

ヒアルロン酸もコラーゲンと同様に、40代から加齢により減少し、紫外線の酸化ストレスにより分解されてしまいます。60代になると体に含まれるヒアルロン酸の量は、20代の頃のおよそ半分にまで減少してしまう事が知られています。

 

コラーゲンとヒアルロン酸その違いとは?

コラーゲンとヒアルロン酸、どちらもわたし達の体にとって大切な働きをしています。こちらではこの2つの成分の皮膚での働きについて比較してみましょう。

 

皮膚の中でのコラーゲンのはたらき

たんぱく質の1種であるコラーゲンは、特に美肌に効果のある真皮層を構成する土台のようなものです。真皮の中に網目のように張り巡らされて肌を支えており、まさに肌の美しさを保っている土台のようなものです。コラーゲンは肌のハリを保つ役割をしています。

 

皮膚の中でのヒアルロン酸のはたらき

ヒアルロン酸も皮膚の真皮層の中に存在する成分です。真皮層の中で網目のようになっているコラーゲンの間にヒアルロン酸は存在しており、その保水力で水分を抱え込みます。そのため肌の乾燥を防ぎ潤いを保つことができます。

 

簡単にまとめるとコラーゲンは肌のハリを支える役割をして、ヒアルロン酸は肌の潤いを保っているのです。

 

美肌のためにコラーゲンとヒアルロン酸をサプリメントで補充して!

ここまでコラーゲンとヒアルロン酸の違いをご紹介しました。どちらの成分もお肌を美しく保つのに、大切な成分であることがわかりましたね。

 

残念なことにコラーゲンとヒアルロン酸、どちらの成分も加齢や紫外線により40代からどんどん体内に含まれる量が減ってしまいます。これらの成分を含む食品を毎日摂るようにしたいものですが、毎日同じものを食べるのは栄養バランスが悪く、なかなか難しいですよね。

 

そこで活用したいのがサプリメント!サプリメントでしたら毎日飲むだけで、しっかりと体に必要なコラーゲン、ヒアルロン酸を補充することができます。

 

栄養豊かなすっぽんを使ったサプリ、すっぽん小町。すっぽん小町はコラーゲン、そして体に必要なアミノ酸18種類、鉄、ビタミンB1、B2、E、カルシウムなどバランスよく栄養が取れるようになっていますので、おすすめです!