すっぽん小町 効果・口コミ・レビュー

すっぽん小町 効果・口コミ・レビュー

コラーゲンとアミノ酸はとても深い関係があった!

コラーゲンとアミノ酸はとても深い関係があった!

コラーゲンが美しいお肌のもとになることは、広く知られています。
コラーゲン高配合、1日の摂取量が1000rというサプリメントを目にすることもあります。

 

コラーゲンサプリとして有名なすっぽん小町ですが、1日の推奨量ではコラーゲンの含有量は268rとそれほど多くないのです。

 

しかしすっぽん小町に含まれるアミノ酸の量は、アミノ酸が多く食品といわれている黒酢のなんと91倍!19種類ものアミノ酸が豊富に含まれているのです。

 

実はコラーゲンとアミノ酸には深い関係があり、体内のコラーゲンを増やすにはアミノ酸の摂取が大切なのです。
こちらの記事では、コラーゲンとアミノ酸の深い関係を詳しく調べてみましょう。

 

コラーゲンの生成とアミノ酸の関係

コラーゲンは体を構成する大切なタンパク質の1つで、体全体のたんぱく質の30%を占めています。皮膚、骨、軟骨、血管、内臓など体全体に存在しており、体にとって欠かせないたんぱく質なのです。

 

コラーゲンが不足してしまうと皮膚のハリ、弾力が失われる、関節が痛む、血管の強度が失われるなど、体の機能に様々な影響が出てしまいます。コラーゲンは美肌を保つだけでなく、体にとって大切なたんぱく質であることがわかります。

 

そのコラーゲンは、いくつかのアミノ酸が組み合わさって構成されています。いわばアミノ酸はコラーゲンの原料となっているといえます。

 

ですから体内のコラーゲン量をしっかりと増やしたいなら、コラーゲンそのものを摂取するだけでなく、アミノ酸を摂取することが非常に大切なのです。

 

コラーゲンを構成する主なアミノ酸

自然界には500種類近くのアミノ酸が存在しています。コラーゲンはたんぱく質の1種なのですが、50種類以上のアミノ酸で構成されています。多く含まれているのは次のアミノ酸です。

  • グリシン
  • プロリン
  • アラニン
  • ヒドロキシプロリン
  • ヒドロキシリジン

このうち最初の3つ、グリジン、プロリン、アラニンはたんぱく質を構成する20種類に含まれています。ヒドロキシプロリン、ヒドロキシリジンはコラーゲン特有のアミノ酸で、コラーゲンの繊維を構成し、コラーゲンを安定させる働きをします。

 

コラーゲンを作り出すにはアミノ酸を摂ることが必要!

コラーゲンが多くのアミノ酸からできていることがわかりましたが、コラーゲンは体の中でどのように生成されているのでしょう?その仕組みを簡単におさらいしてみましょう。

 

体内でコラーゲンを作り出すための原料となるのが、リジン、プロリンといったアミノ酸、そしてビタミンC。アミノ酸を原料として、ビタミンCを補酵素としてコラーゲンは生成されるのです。

 

非必須アミノ酸のプロリンは体内で合成できるのですが、必須アミノ酸であるリジンは体内で合成することができず、穀類にも多く含まれていないため不足することが多いのです。そのためリジンは、制限アミノ酸(必要量に対して不足しているアミノ酸のこと)になりやすいといわれています。

 

リジンは肉類、魚介類、乳製品、大豆製品に含まれていますが、食事が不規則になりがちであるなら、サプリメントを使って補ってあげることもできますね。

 

コラーゲンの原料はリジン、プロリンといったアミノ酸ということで、コラーゲンとアミノ酸、この両者は深い関係にあるのです。

 

すっぽん小町のアミノ酸が素晴らしい理由

すっぽん小町にはアミノ酸が豊富に含まれていることは、先ほど述べました。人間の体に必要なたんぱく質20種類の中の必須アミノ酸である9種類のアミノ酸、それに加えて10種類のアミノ酸が高配合されています。

 

もちろんコラーゲンの生成に必要なアミノ酸リジン、プロリン、どちらもしっかり含まれています。

 

すっぽん小町に含まれる多くのアミノ酸はコラーゲンの生成を助けるだけでなく、元気で健康な毎日を送ることができるよう女性を中から強力にサポートします。